• 文字サイズ
  • 背景色

Tel075-252-6297

無料職業紹介事業許可番号 26-ム-010006

メールでのお問い合わせ

京都府外国人介護人材支援センター Kyoto Prefectual Foreign Care worker Support Center

センター概要

今後、増加することが見込まれている外国人介護人材の受入れが円滑に進むよう当センターでは、京都府の委託を受けて、相談窓口を設置するほか、交流会・セミナー・研修会等の開催を通じて外国人介護人材及び受入事業所への支援を図ります。
また、業界団体、職能団体等からなる外国人介護人材支援連絡会議を開催することで、外国人介護人材に係る情報の共有を図ります。

センターの主な事業

  • 相談員による窓口相談及び巡回相談
    「職場における悩みごと、生活上の困りごと」(外国人介護人材)や「外国人材受入れにあたっての不安、悩みごと」(受入施設職員)の相談を広くお受けします。
    <開所・電話受付時間>
    月~金曜日の9時~17時(祝日、年末年始の休日を除く)
  • 外国人介護人材支援連絡会議の開催
    業界団体、職能団体等からなる連絡会議を定期的に開催し、外国人介護人材に関する情報交換を行います。
  • 交流会&セミナーの開催
    受入事業所と外国人介護人材のための交流会やセミナーを開催します。外国人介護人材の不安低減を図るため、外国人介護人材同士の交流やつながりを図ります。
  • 外国人介護人材向け介護技術・日本語能力向上研修
    外国人介護人材によるケアの質の一層の向上を目指して、介護技術研修、日本語能力向上研修を行います。また、地域で行う研修に講師を派遣します。

調査・研究

  • 外国人介護人材支援に係る法人アンケート結果について

    令和3年7月2日付け京社協研発第139号において実施しましたアンケートにつきまして、結果を取りまとめました。

     

    ●結果概要

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ※調査実施期間(令和3年7月2日~7月16日)に、きょうと福祉人材育成認証制度において認証された法人(宣言含む)のうち、介護保険法及び障害者総合支援法の指定又は許可を受けた事業所を運営する法人及び技能実習生の受入法人にメールと郵送で、6月30日の状況についての調査を実施しました。


    ・有効回答法人数::調査対象679法人の内、456法人(回答率67.2%)

    ・外国人介護人材を受入れている:106法人(23.2%)

    ・受入人数:424人(12か国以上)            

    ・受入事由:技能実習(39.9%)、定住・永住(21.0%)、特定技能(16.7%)

    ・受入ている事業所:介護保険が大半(93.9%)             

    ・受入の主な理由:介護人材不足への対応、優秀な人材確保                

    ・受入法人で今後も受入を考えている:70法人(66.0%)

    ・受入に当たっての課題:特に日本語の理解、コミュニケーション  

    ・期待する支援:日本語研修のほか、受入法人は「経費の補助」、受入れていない法人は「制度の説明」の割合が高かった

                          

     

     

     

     

     

     


外国人介護人材サポート情報

介護現場で働く外国籍のかたに対するサポート情報です。外国籍の職員を雇用する施設・事業者のかたもご利用いただけます。

連絡先

京都府外国人介護人材支援センター(京都府福祉人材・研修センター内)
〒604-0874
京都市中京区竹屋町烏丸東入清水町375 ハートピア京都 地下1階

TEL:075-252-6295
FAX:075-252-6312
Eメール:kfcsc@kyoshakyo.or.jp

トップページへ戻る

ページトップへ戻る